トランスジェンダーですが毎日が楽しい(^^)

トランスジェンダーの生き方を模索するブログ

ニチレイフーズ 不良品 一部食品業界の「最初から問題はなかったことにするルール」いい加減にやめてほしい

一部食品業界の「最初から問題はなかったことにするルール」いい加減にやめてほしいんですが・・・(※追記あり)

セブンプレミアム 北海道産フライドポテトで「2本だけ」傷んだポテトが混入

先日近所のセブンイレブンで、「セブンフレミアム 北海道産フライドポテト」を購入したところ、不良品に当たりました。ポテトすべてではなく、2本だけ不良品と思われるものでした。

口にした瞬間、「食品」ではない味がし、口にした瞬間吐き出しました。

f:id:jackotonashi:20180429082521j:plain

(セブンイレブン 「北海道産フライドポテト」公式ホームページより)

朝の急いでいるタイミングで不良品を見つけ、面倒だしそのまま捨ててしまおうかと思ったのですが、不良品であるのは明らかだし、もし重大な問題だったら他の購入者への影響もあるので、お客様センターに電話しました。

調査の結果は「菌」が繁殖したもの

一週間ほどでニチレイフーズの方から不良品の調査結果の連絡がありました。ポテトから腐敗臭がするのを確認した。腐敗臭の原因は菌が繁殖したもので、単純にポテト腐り、傷んでいましたとのことです。

最初から製造会社に問題はないルールは闇が深い問題

しかしその後のニチレイフーズの説明に無理がありすぎる。

どこでポテトが傷んだのかについては、「ニチレイフーズの工場ではなく、セブンイレブンに商品が並ぶまでの流通の過程で問題が起きた」の一点張り。

「どうしてポテト全部ではなく2本だけ問題が生じたのですか?」と質問したところ担当者はしどろもどろな回答。どうしても製造過程で問題はなかったと結論づけたいらしい。

これ、なんでこんなに無茶苦茶な説明を通そうかとしていると、「工場の製造過程で原因が見つからない限りは、当社の責任でしたと言うことができない」らしいのです。
しかしそうなると、原因が見つからない、見つける気がないと、永遠に「当社に責任はない」ということになってしまいます・・・・。

担当している方も本当はこんな説明したくないのです。私ももう聞き飽きました。一部食品業界の悪「最初から問題はなかったことにするルール」いい加減にしろよとしか言えません。

極端な話、腐ってる程度じゃダメ、劇物でも混入してないとニチレイフーズの責任にはなりませんよってことです。

他社の不良品対応ケース

マルハニチロで不良品対応してくれたときのケース

アクリフーズ(現・マルハニチロ)マラチオン混入事件が起きる1年くらい前だったと思います。

ローソンで、マルハニチロ製レトルトパウチの中華丼を購入したところ梱包不良で封が閉じられておらず、商品が腐っていたということがありました。連絡したところ責任者が菓子折り持って自宅まで謝罪に来てくれました。

噂に聞くアクリフーズ工場でのずさんな管理とは正反対に、不良品への対応は非常に誠実という印象がありました。

これは、製造過程で問題があったというのが明らかだったので、製造側の「ごめんなさい」の一言でまるく収まったケースです。

生協で不良品対応のケース

これは誠実さがまったくないパターン。
15年くらい前の話ですが、パンにプラスチック片が混入していました。

問い合わせたところ、「パンに着いているセラフィムをお客さんが取らずにに温めてしまった」という説明でした。
あのーー、混入してた異物と成分違うんと思うんですけどー・・・・。でもそんなの関係ねえ!!最初から当社に責任はないとういうのが決まってるパターンです。

その後、生協さんで中国製毒ギョーザ事件が起きましたが、生協さん、最初の方は苦情がきてもスルーしていたらしいですね・・・。

お客さん一人のせいにはできない時代

いままでは、不良品があったとしてもお客さんに適当な説明をして済んだかも知れませんが、インターネットを通じて誰もが情報を発信できる時代になった今、適当な説明で済まない場合が多くあると思います。

「最初からなかったことにルール」いつまで通じるのでしょうか。最初から問題がなかったルールを採用し続けている会社はいつまで生き残れるのでしょうか。

やはり私は今後も商品を買う際は、企業の「誠実さ」で選ぶと思います。

追記

調査結果の電話があった一週間後、ニチレイフーズより、お詫び状なるものが届きました。そこに書かれている内容は・・・

f:id:jackotonashi:20180503191725j:plain

この前の報告とはまったく逆で、あっさり商品に不備があったことを認めてしまってます。てっきり先日の調査結果と同じ内容が書かれていると思っていました。
あの調査結果は一体なんだったのでしょうか・・・・。

「ウチの商品に不備はない」が一転、ちゃんと謝罪していただけたことでニチレイフーズさんの印象はちょっと良くなりました。なので「これからも宜しくお願いします」ですね。(^^)

性同一性障害から「性別不合」へ。当事者に対する偏見への激しい怒りと悲しみ

性同一性障害は、性別不合へ

まだ確定ではありませんが、2018年6月には「性同一性障害」という名称が廃止され「性別不合」という呼び方に変わり、精神疾患の分類からも外されるとのことです。

性別の不合とはどのような状態か

「男の頭に女の身体がくっついている」

私が初めて会う人に自分の状態を話す時は、上記のような表現を使用しております。
「身体が女性だけども、心が男性」という表現は決して使いません。

性別不合(性同一性障害)がどのような状態が、何が起きているのか。
より詳しく知りたい方は下記の性同一性障害の専門家の先生の資料がおすすめです。

参考資料:性同一性障害について  阿部輝夫 

(あべメンタルクリニック ホームページで公開されてる論文)

性別不合によって引き起こされる生きづらさ

「男が、女の集団の中に入って女として生きなくてはいけない」

男性の皆さん、想像できますか?イヤじゃないですかそれするの。

あなたの身体は女性です。また男のあなたは、女性を演じるための講習を受けて、女性に関する知識、女性の仕草を身に着けたとします。だから"絶対に"あの人は男じゃないかなんて他の人に疑われることはありません。

あなたが本当は男性だと言うことを知っているのは「自分だけ」。だれも気づきません。それでも女性の中に入って「なんともない」なんて思えますか。なんで男の自分が「女性の中に入ってるんだ」って思いませんか。

これが当事者が感じている現実です。

性別不合で人生を失わないために

「性同一性障害は心の病」、「好きでやっている」、「好きで逆の性別で生きようとしている」、「自分勝手」など、性同一性障害、性別の不合によって引き起こされる誤解による偏見により苦しんでいます。

性別不合は、心の性別なんかじゃありません。
親を失うか、自分の人生を失うかどうかの苦しい決断に晒されることさえあります。

先天要因と思われる性別不合は、1万人に1人とも言われ非常にわずかな確率でしか起きません。私の小学校の同級生で同じクラスだった子もその一人でした。しかし「当事者」になる確率が非常に低いがために、適切な情報が得られず当事者やその家族が苦しんでいるのが現状です。たとえ1万人に1人でも、その人の人生を失わせたくありません。

もし、自分が性別不合だったらどうするか

何も悩むことはありません。ただ「生きればいい」のです。
そのためにどうしたらいいのか。その方法情報をこれから発信できたらいいなと感じています。

性同一性障害から性別不合へ

トランスジェンダーと性同一性障害について知りたい 当事者はどう思ってるのか

トランスジェンダーと性同一性障害は同じ?

「自認は男なのになぜか身体は女性」または「自認は女性なのになぜか身体は女性」
このような状態にある人のことを、我々はしばしばトランスジェンダーまたは性同一性障害と呼びます。
しかしトランスジェンダーや、性同一性障害という言葉の定義が曖昧なまま、LGBTという単語で一括りにされているケースが多く見受けられます。トランスジェンダーとは何なのか。実際に当事者に対しては、どういう言葉を使ったらよいのでしょうか。

まず、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」は同じなのでしょうか。
結論から言うと違います。

トランスジェンダーとは生物学的な性と精神的な性別が一致しない状態と定義されることが多いようですが、広い意味で使われることが多く、トランスジェンダーには日常生活に困難が生じている人もいれば生じていない人も含まれています。

一方の性同一性障害は診断名です。

身体と心とが一致せず、継続的に日常生活に困難が生じている人が病院で性同一性障害の診断を受けます。診断の結果により医師から「あなたは性同一性障害ですね」と診断されるのです。

当事者はどういう自分をどうやって表しているの?

当事者が自分から性同一性障害だと名乗る人は少ないです。
FTM(身体は女性、心は男性)やMTF(身体は男性、心は女性)と言った表現を使っている自分を表現する場合が多いです。
しかし、これらの状態は当事者同士でよく使われる表現で、非当事者の方に話してもなんのこっちゃ?なので、説明するときには別の表現が必要です。

私は自身のことを「トランスジェンダー」と表現することが多いのですが、一般的に広く認知されているのは「トランスジェンダー」ではなく「性同一性障害」の方だと思います。
他人に話す際、自身を「トランスジェンダー」と言ってもその単語の意味が分からないというケースが多いので、「いわゆる性同一性障害だよ」と説明することはよくあります。そういうと「頭と心が一致していないアレか」と分かってもらえます。

しかし「性同一性障害」いうイメージが人によっては嫌悪感を抱かれることもあり、本当のことを話したくても話せない状況は、当事者にとっては非常に心苦しいことがあります。

トランスジェンダーだということを本当に言う必要ある?

私(FTMトランスジェンダーで身体は女性、頭が男性)の場合ですが、戸籍と外見が一致しており、見た目で違和感を持たれることがないため、自分がそうだと言わないで済むケースが非常に多く、特に自分から「実はそうなんですよ」と言うことはありません。正直に話すを自分が損をするケースは多いと感じています。なので、他人に説明する時は人と状況を見て話します。

当事者は自分で自分のことをどうやって説明するのか

まず、性同一性障害は別に精神の病ではありません。頭が男性、身体の女性といった不一致が起きているような状態です。しかしそのことを伝えるのが本当に難しいのです。

正直に性同一性障害に言うと、精神の病という偏見を持たれてしまうし、どうしたらいいのでしょうか。
私はどうやって説明しようかを1年半掛けて考えて、練習を重ね、やっと初対面の人でも、不信感を与えることなく理解してもらえるレベルまで達しました・・・。

さて私がどうやって説明してるかというと、

「LGBTの時代が来てしまったせいでトランスジェンダーという存在を知り、実は自分がそうだったと気づいてしまった。前からずっとおかしいと思っていたけど確信してしまったわーーー」

というった感じで、なんかそうだったみたい風・・・・・・に話しています。

知らなかったわ-ーーー世の中進んでてビックリだわーーー(笑)みたいに話すと、相手は別にLGBTの専門家でもなんでもないので、自分の知らないこと、かつ世の中に広まりつつあることかのように話すと、素直に受け止めてくれる場合が多いです。やはり人間、知らないことには弱いいのでこの作戦は非常に有効です。

このように「自分の意思を述べるのではなく、事実を伝える」という話し方は初対面の人にも理解してもらいやすいようです。

説明するときは人を選んでいます

もちろん説明する必要のない時に言う必要はありませんし、この人に話したら微妙ってのはあります。若い女性には話さないですね。でも経験豊富な年配の女性は理解してくれる人が多いです。逆に男性だとちょっとゆるめの性格の若い人には話しやすいのですが、年配の男性には理解してもらうのが難しそうだなと感じています。

トランスジェンダーは多様な性なの?

そう捉える人と、捉えない人がいます。

多様な性の一つとして自分はトランスジェンダーであるという人もいれば、一括りに多様な性としてまとめられることを嫌悪する人もいます。

つまり多様な性別と言われ、自分の気持ちが楽になるというトランスジェンダーもいる一方で、多様な性と言われることに抵抗がある人、そもそも自分がLGBTとして認識されていること自体に疑問を持っている人もいるということですね。

私などは特に「先天的な要因で、頭と身体が一致していないトランスジェンダー」という考えなので、多様な性なんですね!って言われると全力でメンチカツを投げつけたくなるのを抑えて、その場は気にせずスルーしています。

また自分は、単に頭(脳みそ)が男性、身体が女性なだけという認識であり、自ら意思を持って男性にも女性に当てはまらない、多様な性別の人間だという考えを持っていません。アイデンティティかと言われると、それもちょっと違うなと感じています。少数派かもしれませんが、生まれつきどっかしらがおかしい「性同一性の異常」って考え方が一番自分にはしっくり来るワケです。

とのように、考え方や捉え方は人それぞれなので、自分の捉え方を他人にも当てはめるなってことでしょうか。ほっといて欲しい派は実は多いみたいですね。

性同一性障害の診断って本当に必要?あると有利なの?

自分が本当に性同一性障害なのか、診断の結果がないと自分の存在をはっきりできないという人はとても多いです。

しかし私自身、性同一性障害の診断が出ているか出ていないかはそれほど重要な問題ではなく、当事者本人が自分で自分の状態を理解していれば、必ずしも第三者に「あなたは性同一性障害です」と診断してもらう必要はないと思っています。

またネット上に情報が溢れる現代、自分を偽ってしまえば診断書などいくらでも取れてしまうわけで、診断結果だけを信用するのも難しい時代なのかもしれません。

性同一性障害と就業の問題

当事者が直面していることはなにか

現在の日本においては、企業としてLGBTフレンドリーと言葉は掲げつつも、米トランプ大統領の「トランスジェンダーは軍への入隊禁止」とさほど変わりない状況です。

日本のお国柄のせいか、まず「どんな人でも分け隔てなく」ってのが出来ないというケースが非常に多いです。
性的嗜好も含め、「正しい男性の状態、正しい女性の状態以外の人はダメ」という考えが根底にあるため、性同一性障害の診断を受け、身体の適合を行って本来の性別で働こうとしても、就職自体ができないことさえあります。

まだまだ世の中の性同一性障害への理解は乏しく、「この人は性同一性障害です」という医師からのお墨付きがあっても、「自分の意思で勝手なことをしている」、「人の道に反した気持ち悪い存在だ」と思われることが非常に多いです。

何のための性同一性障害の診断書で、何のための身体の治療なのか、当事者と立場からしたらとても理解に苦しむところです。

自分に適した職に巡り会えたトランスジェンダーたち

当然、トランスジェンダーであることで、就ける職業の選択も限られます。しかしその中から自分がいちばん輝ける職業に就いている方、巡り会えた方、自分で可能性を切り開いたトランスジェンダーの方は非常にいい生き方をしているなと感じています。

私と同じFTMトランスジェンダーの方の中には、舞台俳優の方や、ホストの方もいます。もう障害は関係なく、その人自身の強さがとても大事なんだなと感じています。

LGBTフレンドリー対応に対する違和感

そもそも普段から自分がトランスジェンダーだなんて意識してないのに周りの特別視が辛い

LGBTって素晴らしい、当事者の自分は特別な存在だ!と感じている方もいらっしゃるし、それはそれでいいと思います。

しかし、私自身は、自分がトランスジェンダーだと意識することはほとんどありません。確かに頭と身体が一致していないのがやりづらかった時期はありました。でも今はもうほとんど障害がありません。

性別移行が済んでしまったトランスジェンダーの方にはとってはもう過去のことですね。特別でもなんでもないんです。

特別な対応は必要ない。ただ居場所を奪わないで欲しい、機会を奪わないで欲しい。そんなことを感じています。

書籍のご紹介

最後になりますが、最近読んだ本で性同一性障害に詳しく、専門的にまとめられている本があるのでご紹介します。

当事者やその身近な人達を対象に「性同一性障害とは何か」理解をしていくための本です。2003年に書かれたものですが現在も改定が続けられています。
いまのところ性同一性障害の入門書としても専門書としても最適で、ネットで性同一性障害の情報を調べるよりこの本を読んだほうが4億倍早いです。

私自身、15年間、自分が性同一性障害だと気づかず生きてしまい、本来の性別とは逆の女性として就業したあとに自分がそうだと気づいてしまって、このあとどうすんだよ・・・\(^o^)/な状態にあったときは非常に助かりました。自分に自信を持つことができた一冊です。

f:id:jackotonashi:20171105130035j:plain

性同一性障害って何?―一人一人の性のありようを大切にするために (プロブレムQ&A)

初めて来られた方はぜひこのブログについてもご覧ください😊