トランスジェンダーですが毎日が楽しい(^^)

トランスジェンダーですがあんまり生きるのに困ってない人のブログ

メディア掲載情報:LGBTERインタビュー

LGBTERさんに私自身のインタビューが公開されました

自分らしいスタイル【前編】トランスジェンダー(FTM)/バイセクシュアル〜宮澤 茉莉〜|LGBTER

自分らしいスタイル【後編】トランスジェンダー(FTM)/バイセクシュアル〜宮澤 茉莉〜|LGBTER

引き続き、何かお話や寄稿させて頂けるようなメディアを探しておりますが、まあ、これが最後になってもいいのかもしれません。

当事者である自分としては、他の困っている当事者の力になりたいという気持ちはとてもあります。しかし実際に困っている人たちの支援が進むことはなく、カタチだけのLGBT対応が行われているなど、気になることはいっぱいあります。

以前、LGBT関連の支援している団体さんとかに、なにか自分の経験で役立つことがあればと掛け合ってみたんですが、特にこれと言ってオファーもないですね。

よかった。困っている人はいないんだな😊

私自身も特に困っていないですね

頭と身体が一致していないのに15年間も気づかず、非常に苦労はしたが最終的にそのままの状態でもなんとかなってしまい、今も「頭は男、身体は女」のまま社会で活躍しております。

もちろん最初から困らなかったワケではありません。自分が生きられる生き場所を見つけることができたから「困らなくなった」ワケです。

一応、トランスジェンダーには当たるんですが、自身がLGBTであっても、それを特に言うことなく、しれっと「自分」として社会で活躍しております。

誰も気づきませんし、それが悪いことだなんて言わせはしません。

ゆくゆくは「LGBTという言葉がこの世からなくなる」ことを願うばかりです。

LGBTは、カテゴライズでもなければ、その人を表すアイデンティティではありません。最終目標はいつも「NO MORE LGBT」です。

トランスジェンダーと性同一性障害について知りたい 当事者はどう思ってるのか

トランスジェンダーと性同一性障害は同じ?

トランスジェンダーや、性同一性障害という言葉の定義が曖昧なまま、LGBTという単語で一括りにされているケースが多く見受けられますが、トランスジェンダーとは何なのか。実際に当事者に対しては、どういう言葉を使ったらよいのでしょうか。

まず、「トランスジェンダー」と「性同一性障害」は同じなのか。結論から言うと違います。

トランスジェンダーとは生物学的な性と精神的な性別が一致しない状態と定義されることが多いようですが、広い意味で使われることが多く、トランスジェンダーには日常生活に困難が生じている人もいれば生じていない人も含まれています。

一方の性同一性障害は診断名です。

身体と心とが一致せず、継続的に日常生活に困難が生じている人が病院で性同一性障害の診断を受けます。診断の結果により医師から「あなたは性同一性障害ですね」と診断されるのです。

当事者はどういう自分をどうやって表しているの?

当事者が自分から性同一性障害だと名乗る人は少ないです。どちらかといとFTM(身体は女性、心は男性)やMTF(身体は男性、心は女性)と言った表現を使っている場合の方が多いです。

これらの状態は当事者同士でよく使われる表現で、非当事者に話してもなんのこっちゃ?なので、説明するときには別の表現が必要です。

私は自身のことを「トランスジェンダー」と表現することが多いのですが一般的に広く認知されているのは「トランスジェンダー」ではなく「性同一性障害」の方だと思います。他人に話す際、自身を「トランスジェンダー」と言ってもその単語の意味が分からないというケースが多いので、「いわゆる性同一性障害だよ」と説明することはよくあります。そういうと「頭と心が一致していないアレか」と分かってもらえます。

 しかし「性同一性障害」いうイメージが人によっては嫌悪感を抱かれることもあり、本当のことを話したくても話せない状況は、当事者にとっては非常に心苦しいことがあります。

トランスジェンダーだということを本当に言う必要ある?

私(身体は女性、中身が男性)の場合ですが、見た目で違和感を持たれることがないため、言わないで済むケースが非常に多く、特に自分から「実はそうなんですよ」と言うことはありません。正直に話すを自分が損をするケースは多いと感じています。なので、他人に説明する時は人と状況を見て話します。

自分で自分のことを説明するスキルを身に着けるとこうなります

正直に性同一性障害に言うと偏見を持たれてしまうし、どうしたらいいものか。
私はどうやって説明しようかを1年半掛けて考えて、練習を重ね、やっと初対面の人でも、不信感を与えることなく理解してもらえるレベルまで達しました・・・。

さて私がどうやって説明してるかというと、

「LGBTの時代が来てしまったせいでトランスジェンダーという存在を知り、実は自分がそうだったと気づいてしまった。前からずっとおかしいと思っていたけど確信してしまったわーーー」

というった感じで、なんかそうだったみたい風・・・・・・に話しています。

知らなかったわ-ーーー世の中進んでてビックリだわーーー(笑)みたいに話すと、相手は別にLGBTの専門家でもなんでもないので、自分の知らないこと、かつ世の中に広まりつつあることかのように話すと、素直に受け止めてくれる場合が多いです。やはり人間、知らないことには弱いいのでこの作戦は非常に有効です。

このように「自分の意思ではなく、事実を伝える」という話し方は初対面の人にも理解してもらいやすいようです。

説明するときは人を選んでいます

もちろん説明する必要のない時に言う必要はありませんし、この人に話したら微妙ってのはあります。若い女性には話さないですね。若い女性は非常にデリケート・・・ッ!でも経験豊富な年配の女性は理解してくれる人が多いです。逆に男性だとちょっとゆるめの性格の若い人には話しやすいのですが、年配の男性には理解してもらうのが難しそうだなと感じています。

トランスジェンダーは多様な性なの?

そう捉える人と、捉えない人がいます。

多様な性の一つとして自分はトランスジェンダーであるという人もいれば、一括りに多様な性としてまとめられることを嫌悪する人もいます。

多様な性別と言われ、自分の気持ちが楽になるというトランスジェンダーもいる一方で、多様な性と言われることに抵抗がある人、そもそも自分がLGBTとして認識されていること自体に疑問を持っている人も多いです。

私などは特に「トランスジェンダーの原因は先天的な要因だろうな派」なので、多様な性なんですね!って言われると全力でメンチカツを投げつけたくなりますが、そもそもこの状態を理解してもらうこと自体のハードルが高いのであんまり気にしないようにしています・・・。
また自分は、単に頭(脳みそ)が男性、身体が女性なだけという認識であり、自ら意思を持って男性にも女性に当てはまらない、多様な性別の人間だという考えを持っていません。アイデンティティかと言われると、それもちょっと違うなと感じています。少数派かもしれませんが、生まれつきどっかしらがおかしい「性同一性の異常」って考え方が一番自分にはしっくり来るワケです。

とのように、考え方や捉え方は人それぞれなので、自分の捉え方を他人にも当てはめるなってことでしょうか。ほっといて欲しい派は実は多いみたいですね。

性同一性障害の診断って本当に必要?あると有利なの?

自分が本当に性同一性障害なのか、診断の結果がないと自分の存在をはっきりできないという人はとても多いです。

しかし私自身、性同一性障害の診断が出ているか出ていないかはそれほど重要な問題ではなく、当事者本人が自分で自分の状態を理解していれば、必ずしも第三者に「あなたは性同一性障害です」と診断してもらう必要はないと思っています。

またネット上に情報が溢れる現代、自分を偽ってしまえば診断書などいくらでも取れてしまうわけで、診断結果だけを信用するのも難しい時代なのかもしれませんね。

また、性同一性障害の診断書があったからと言って、就職が有利になるわけではありません(これな・・・)

まだまだ世の中の性同一性障害への理解は乏しく、「この人は性同一性障害です」という医師からのお墨付きがあっても、「自分の意思で勝手なことをしている」、「人の道に反した気持ち悪い存在だ」などなどあります。けど、そこにいちいち傷ついて精神力削ってるのはもったいないし、削られないように生きているトランスジェンダーの人は強いなあと思います。診断書云々より、その人自身の強さが大事なんだなと思います。

当事者が直面していることはなにか

現在の日本においては、企業としてLGBTフレンドリーと言葉は掲げつつも、米トランプ大統領の「トランスジェンダーは軍への入隊禁止」とさほど変わりない状況です。

お国柄のせいか、まず「どんな人でも分け隔てなく」ってのが出来ないというケースが非常に多いです。
よって性同一性障害の診断を受け、望む性別で働こうとしても、就職自体ができないことさえあります。やらなきゃって思っていいてもなんも変わらないのが日本、ダメなものをダメー!!って言い切っているある意味トランプのほうが清々しく感じます。できないなら最初から言わんほうがマシだなあと思うことはしばしば・・・・。

しかし会社はダメでも、地域や自治体はLGBTに理解を示す動きは活発のように思えます。ゆっくりですが着実に変わってきていると思います。

そもそも普段から自分がトランスジェンダーだなんて意識してないのに周りの特別視が辛い

LGBTって素晴らしい、当事者の自分は特別な存在だ!と感じている方もいらっしゃるし、それはそれでいいと思います。

しかし、私自身は、自分がトランスジェンダーとか関係なく生きているなと感じているし、自分がトランスジェンダー、そんなこともあったな・・・くらいな勢いです。特に性別移行が済んでしまったトランスジェンダーにとってはもう過去のことですね。

そんなにキラキラして目で見ないで欲しいというのはあるかもしれません。特別な存在でもなんてもなく、埋もれてしまうくらい普通なんだなという安心感が一番ですね。

トランスジェンダーとは編集

 

女性なのに女性になれなかったFTMトランスジェンダーの私[LGBTERインタビューを受けて](前編)

LGBTERでのインタビューが公開されました😊

LGBTERさん、代表の鈴木はなさん、ライターさん、カメラマンさんその他携わられた方々には深くお礼を申し上げます・・・。

自分で自分のことを話そうと思っていたところ、自分の話を聴いてくれて、なおかつそれを文章にして頂けるなんて、こんなに恵まれた機会はなかなかないなと思っております。本当にありがとうございました。

▼インタビューはLGBTERさんウェブサイトで公開中です

自分らしいスタイル【前編】トランスジェンダー(FTM)/バイセクシュアル〜宮澤 茉莉〜|LGBTER

自分らしいスタイル【後編】トランスジェンダー(FTM)/バイセクシュアル〜宮澤 茉莉〜|LGBTER

インタビューを受けた目的は「自分がそうなのに気づかない」をなくしたい

2000年に入ってからは「性同一性障害」がそんなに珍しいものではありませんでした。 ドラマでそのテーマが取り上げられたこともあり、ドラマがきっかけで現在の20~30代では十代のうちに「自分がそうだ」と気づくケースが多いようです。

しかし、私と言えば3年B組金八先生の上戸彩回を見ていないばっかりに、最初に違和感を感じてから15年間も身体と頭が一致していないことに気づきませんでした。

見ていたら気づいてた可能性は非常に高かったと思いますが、当時は幻想○滸伝のファンサイト巡りがあんまりにも楽しくてほとんどテレビを見てませんでした。どうして見てなかっただろうか本当に悔やまれますが、幻想○滸伝は本当に楽しかった😊

さて掲載された記事を見返して、これはこういうことなんだろうなというのを自分で思い返しながら、少し自分の言葉で自分の状態をお伝えできればなと思います。

全部説明するのは難しいなと感じておりますが、不明な点などありましたらお気軽にご質問いただければ幸いです🐑

女性なのに女性になれなかった私のこと

と題してお話していきましょう。女性なのに女性になれない。ちょっとヤヤコシイ話・・・・。

生まれた時にそもそも女性ではない状態

まず私はそもそも、普通の女性としては生まれませんでした。

身体は女性なのに、頭(脳)が男性の性質を持っているのです。
(どうして頭が男性になっているのかは胎児期に男性ホルモンを多く浴びたのだろうとことで簡単にまとめます。)

これってどういう状態なの?
頭はほかの男の子と同じ。でも身体は女の子という状態をイメージしてみてください。
幼少の時の私は、「男の子だけども、身体が女性であるから女性と育てられた男の子」のような状態です。まるで漫画みたいですが、なるほどそういうことだったのかと今は思います・・・。

自分の性別に違和感を感じるかどうかはかなり個人差がある

性同一性障害って、幼少期から性別に対する違和感を感じている人がほとんどですが、その子の置かれている環境や、もともとの性格にも依るし、違和感をあまり感じないという人がいても全くおかしくありません。「どれくらい違和感を感じるか」にはかなり個人差があると考えられます。

違和感をあまり強く感じない子は「自分のことを身体の性別だと勘違いするパターン」も当然出てきます。

私の場合は、身体が弱く、活発な子供でなく、比較的おとなしい性格。あと利き手の矯正も少なからず影響があると思います。何か強烈に押さえつけられている感覚が耐えずあり、自分のことをはっきり言っていいものかどうか分からない、どこか自信が持てず、何か嫌なことがあっても我慢してしまいました。

そんな私は自分のことを完全に「女の子」だと思い込み、女の子として女の子と遊んでいて、当時はそれに違和感を感じていなかったのを覚えています。

しかしこれで良かったのではと思うことも多々あります。 「女のことだと勘違いしていた」お陰で強いストレスに晒されず、また孤立することなく協調性を持つことができたと言えます。

一方勘違いしていたことのデメリットは「自分の頭と身体が一致していないこと」に気づくのが遅れた。また、違和感が急に出てどうしたらいいのか対応ができなくなった点です。

自分らしくいられた小学校時代

これはインタビュー記事で書いていただいたとおり。90年代の頭までは男女はっきり分かれていたような気もするんですが、90年代中盤以降、子供の遊びにも変化が起き「ポケモン」に代表されるような男の子も女の子も一緒になって遊べる機会が急に増えだしました。

小学校低学年まではあまり自分からしゃべるタイプではなかったのですが、小学校中学年以降の私は、女の子っぽさが多少薄くなり、どちらかというとユニセックスなキャラクターで定着していきました。とても居心地がよく、毎日が楽しかったのを覚えています。

女の子の枠に収まれなくなってしまった日

ハイ。これはワタシにとってはヒジョーーーーーーーーにショッキングあの日のことですね。あの日というのが何なのかというと、「第二次性徴期」に他なりません・・・・・。

第二次性徴期、性ホルモンが活発に分泌され、男の子はより男の子らしく、女の子はより女の子らしくなり、男女の差がよりはっきりと現れる時期です。
この時が来るまで、身体が女性の私は当然、自分は女の子になれるもんだと思っていました。でもなれなかったんです。

頭(脳)が男の方だからだから、当然女子ではなく、男子の方と同じ動きをしてしまうんです・・・・・・・・・・・・。
自分の「意思」に反して、身体や心は男性の方に近づいて行くものですから、流石にここで違和感を感じるワケです。「自分は何者なんだ」と。

性同一性障害って身体の性別とは逆になろうとしている人だけではないんです。

私は、頭が男の方であると自覚していても「幼少期に女の子として育ってしまった」ため、自身の恋愛対象は男性をことの方が多く、また本来の性別(男)より、「身体の性別の方になりたい」という気持ちが子供の頃は強かったですね。男のくせに女の子やってる方が自分に合っていたんです。

男なのに、女性でいたい?・・・・アレ、この状態は、、そうニューハーフさんの状態に非常に近いですね。
ニューハーフさんにもいろんなタイプの方がいらっしゃいますが、自分としては男性で、心は男性の部分を少し残したまま女性の格好をしているというタイプの方に近いのではないかと感じています。

あとは私自身が、「自分が男性になるのはハードルが高い」と感じていました。幼少期に女の子として違和感なく育ってしまったことと、恋愛対象が男性であること自分の人生に大きな影響を与えているので、うーん、、男性だけどかなり女性要素多めだし、男性になるのが躊躇われるって感じですね。また男性が恋愛対象なので、その中に入るのは恥ずかしい気持ちは否めません。

 

次回に続きます😊