読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランスジェンダーですが毎日が楽しい♪

トランスジェンダーですがあんまり生きるのに困ってない人のブログ

トランスジェンダーとLGBT就職情報おすすめサイトまとめ

お役立ちサイトのリンク集です。 (当方FTMなので、今のところそちらの情報が多いです。スイマセン・・。)

2016/11/06 「トランスジェンダーの悩み相談」2件追加しました。

LGBTとトランスジェンダー就職支援

LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」

LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」
http://jobrainbow.net/

LGBT当事者が実際に採用面接を受けた際、カミングアウトした様子やと採用担当の反応などのクチコミがとても参考になります。またこの間、代表の星賢人さんと飲む機会があったのですが、一言で言うとビュティホー・・・・・。

LGBT就活

LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」
http://www.lgbtcareer.org/

LGBT当事者の企業での働き方や生き方に関するインタビューが寄せられています。キャリア形成の参考に。中でも中島潤さんのローモデルがとても好きです。

トランスジェンダーの悩み相談

FTM相談所

FTM相談所
http://ftm-gid.net/index.html

FTMに特化した悩み相談・回答老舗サイト。FTM当事者の管理人さんやサポーターによるコラムや悩みへの回答集がとても参考になります。

FT/MX

LGBT就活・転職活動サイト「JobRainbow」
http://www.ftmx.tank.jp/

毎月横浜で開催されるFT/MXのためのミーティングFT/MX。こちらのサイトにて次回の開催日が告知されます。FTM相談所と同じ管理人さんによる運営です。

トランスジェンダーが不利にならない就職について考えよう

はい。

これについて、今日はすこしメモしていきます。

※今回はトランスジェンダーの中でも脳と身体の性別が一致しない場合(性同一性障害)について主に取り上げています。

※下記はFTM(脳が男性、身体が女性)で特にホルモン治療などをしていないという場合です。

トランスジェンダーに対する世間との認識のズレを考慮する

いちばん問題だなと持っているのがこれ。

世間一般的に、トランスジェンダーの人は「自分の意思で逆の性別で生きようとしている」と思われていることがとても多いようです。

自分の場合はそうではありません。脳と身体の性別が一致しないからこうなっているだけで自分の意志とは無関係です。

 しかし、見た目が男性だと認識されない状態で、「自分は身体は女性だが心が男性」というのはとても大きなリスクを伴うと思います。

おそらく信じてもらえないと思います。それどころか、「女性になりきれない女性」→精神がまだ未熟なんだなと思われてしまう可能性もあり、とても不利だなと思います。

そんなときどうしたらいいのでしょうか。

選択肢1…特に言わない

特に言及しないで、自分の姿だけで採用の可否を決めてもらおうというスタイルです。

女性ぽく扱われたくないのであれば、外見も自分らしさを意識した格好にするといいと思います。外見や立ち振舞いがとても重要です。

選択肢2…トランスジェンダーであることを説明する

「心と身体が一致しない」と言うと、個人の思想や我儘だと感じる人も少なからずいるので、私の場合は「脳と身体が一致しない」(科学的な要因でこうなってる)と言う風に説明しています。

私の場合は選択肢1でやっていて、選択肢2は必要に応じて使うことにしています。極力本当の自分について言えたらなと思いますが、ケースバイケースです。

個人については特に興味がない、あくまで能力やスキルで採用を決めているというスタンスの会社さんには特に言いません。

ただ、新卒採用の場合は、出来る限りカミングアウトした方がいいと思います。

カミングアウトするだけで終わってはダメです

あくまでカミングアウトではなくそれに関する説明が必要です。カミングアウトだけされても採用する側も困ってしまうと思います。

困難に感じたことをどうやって乗り越えたかや、自分はこういうスタイルで働いていきたいとか言えるといいと思います。

例)思春期は女性になりきれない理由が分からずコンプレックスや生きづらさを感じていたが、トランスジェンダーが社会的に認められる時代になり、これからは自分らしく働こうと思っている など・・。

もし理解のある会社であれば、これだけは出来ないですということもあれば、言っておくといいかもしれません。

カミングアウトする理由はなんだろう

自分に無理をさせないためです。少しでも、身体の性別で働くことが辛いと感じているなら言ったほうがいいと私は思います。

自分から言わない限りはみなさん、悪気がなくても外見や戸籍上の性別で接してきます。当然です。

予め言えることで自分が楽になるのなら・・・。そのためにカミングアウトをします。

またカミングアウトしても受け入れられない職場では働くことができないのは、残念ですが今の時点では諦めましょう。

ちなみに性別の欄の問題・・・・

聞かれたら、身体の性別の方で答えることにしていいます。あくまで書類上の性別なので、特にこだわりがありません。

ただ、性別「その他」を用意してくれているのならそこにつけると思います。

また性別の区別をなくした方がいいという声もありますが、別に無くす必要はないんじゃないかなと思いますね~~

 

関連記事

allabout.co.jp

第二次性徴期が性別の違和感に最初の気づくタイミング

第二次性徴期が性別の違和感に最初の気づくタイミング

私が子供だった90年代は男女の境目がなくなりつつある時代にあり、男の子は男らしく、女の子は女らしくしなさいとあまりうるさく言われなくなってきていました。

男の子も女の子もみんな仲良くポケモンをやるようなそんな時代でした。

子供時代は、自分自身をやや中性的な女子と言う風に思っており、とくに違和感を感じず、周りの友達とも普通に接していました。

ところが自分の性別に違和感を感じるようになったのは、第二次性徴期の時です。

中学の保健体育のときに、第二次性徴期に男性は男性らしく、女性は女性らしくって習うんですが、自分は女性のはずなのに女性らしくなりませんでした。男性らしくなりました。

生まれの性別と逆の動きをしたらすぐ疑ってください

第二次性徴期に、生まれの性別と逆の動きをする人は性同一性障害を疑ったほうがいいと思います。

私は第二次性徴期のとき、女性ホルモンが出にくく、身体は筋肉質で脂肪がほとんどつきませんでした。男性ホルモンの方は出やすいみたいです。子供の頃からもともと体毛は濃かったのですが、更に濃くなりました。

ここが自分の性別のついてアレッって思った最初の段階になります。

でも、身体つきが男っぽいそういう女子もいるだろうというポジティブ思考というか、そうなっちゃったんだから仕方ないという考えだったものですからそんなに困りませんでした。自分のことにはあまり興味がなかったのです。 

自分はこういう個性の持ち主だから仕方ないと我慢してしまう人もいるかもしれませんが、性別が逆になっている以上、社会に出るとやりづらい場合は必ず出てきます。

今後の人生にも影響してくるので、違和感を感じたら一人で悩まず誰かに相談してください。

チェックポイント

自分の場合は女性のはずなのに、心も身体も男性ぽくなりました。

例)

こころ・・女性のものを好まず、女性の裸を好んで見るようになる。

からだ・・身体に脂肪がつかない。筋肉質になる。