読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランスジェンダーですが毎日が楽しい♪

トランスジェンダーですがあんまり生きるのに困ってない人のブログ

トランスジェンダーってどういうタイプの人がいるのか紹介するよ

トランスジェンダー当事者より

SEO対策のため、ブログタイトルを露骨に変更しましたが、効果はイマイチのようです・・・。いかがお過ごしでしょうか。

先日、採用の面接で「自分は脳みそが男性で、身体は女性」って正直に言ったらすごく面倒なことになってしまったので、今日はトランスジェンダーの人ってどういう人がいるのかの紹介をしましょうかね。
今回紹介できるのはFTM(心は男性もしくは中性、身体は女性)の方です。

身体と心を一致させようとしている人がすべてではない。

大前提としてこれです。

FTMで心が男性なら身体も男性になりたいんでしょと勘違いされがちですが、身体を男性に見せようとか、性転換しようと考えている人がすべてではありません。

男性にしか見えない見かけの方、女性にしか見えない見た目の方もいるし、どちらとも取れない見かけの方もいます。

また外見だけではなく、心持ちや考え方も同じことが言えます。
男らしくなりたいと考え、男らしい言動をされる方もいらっしゃいますが、世間一般的な男らしさに囚われない方もいます。一般的な男らしい考えをしないからと言ってその人をFTMではないと決めつける事自体が大きな誤りです。

トランスジェンダー(身体は女性)のモデルケース

Aさん(ホルモン注射で心と見た目を合わせたいタイプ)

男性として扱われたく、男性の見た目を心がけている。ホルモン注射をしている。
→社会的にも完全に男性として扱われたいと望んでいるケースです。ホルモン注射をすることで、自力で作れないホルモンを補うことが出来ます。

Bさん(ホルモン注射はせず筋トレなどで、心と見た目を近づけたいタイプ)

自分は男性でありたいと思うが、身体まで男性になりたいと望まない。性別にとらわれず自分として生きたい。
→ホルモン注射、性転換手術には費用がかかり身体へのリスクもあります。そのため身体はそのままでいいと望む人も多いです。

Cさん(男性と女性の中間でいたいタイプ)

自分は男性だが、男性になりたいワケではない。社会的にも中性的な人間でいたい。男性の格好、女性の格好両方ができる。
→身体も男性になるかどうかは個人の自由です。しかし現行の法律では、本人が望んでも身体を変えないと戸籍の性別を変更できないなどの問題があり、対応が求められています。

Dさん(女性の容姿を活かして社会的には女性でいたいタイプ)

自分は男性だが、身体の性別での生活に慣れてしまい心は中性~女性寄り。社会的には女性のままでいたい。
→まあ、これはワタシです・・。気づくのも遅かったし長く女性の生活をしていると、どっちでもよくなりますわな(笑)
とのように、FTMでもいろんな人がいて、いろんな状況に置かれているのです。

トランスジェンダーの人たちに対して、一概にこういう対応をすればいいというワケではない!!

・・・・ということです。

中には、男と女で何が何でも分けようと考える方もいらっしゃいますが、そもそもそれ、物理的に不可能とお考え下さい。

 どんな人がいても気にしない。そういってくれるところはまだ限られています。そういう意識を持ってもらえれば先日の面接で悲しい思いをせずに済んだんだけどな・・・・。

それではまた次回!

トランスジェンダーと自我と人間の脳みそのカンケイ

科学的な観点から

「自我」がなかなか定着しないトランスジェンダー

最近気づいたことをぼやっとメモします。

先日、仲の良いFTMの友人に会いましたが、彼がmixiで知り合ったFTMの人で「自分は女性か男性だか分からない」という人がいるそうです。

※FTM(身体は女性、脳みそが男性のトランスジェンダー)

我々トランスジェンダーにとっては、自分が男性か、女性か分からないという以前に、自分が何者だかよく分からないというハナシがあります。

またトランスジェンダーと自我(自分は自分だという認識)というのはなかなか悩ましい問題で、私自身も長年苦しめられてきました。

どうも、トランスジェンダー当事者は、そうでない普通の人に比べ「自我」が定着しづらい、しないまま生きているという人も多いような気がします。

トランスジェンダーの脳みそと自我のカンケイ

第二次性徴のとき、脳みそと身体の性別が一致している普通の人であれば、男性なら男性ホルモン、女性であれば女性ホルモンが分泌され、身体も心も男性らしく、女性らしくなります。

ホルモンの影響で、身体が男性らしく、または女性らしくなるのは分かるが、考えも男性らしく、女性らしくなるのは何故なのか。

おそらく人間の脳みそには、男性的な考え方をする脳みそと、女性的な考えをする脳みその両方があって、ホルモンの量によってどちらの脳をメインで使うのかが決まるのではないかという気がしています。

私は、男性ホルモンの多い時期は男性らしい考えを持っていたころもありましたが、欝気味になり男性ホルモンの量が少ない時期には女性らしい考え方をするようになりました。その間はまったく、過去に男性らしい考えをしていた自分の姿が思い出せませんでした。

どうも、自分の中の男性らしい考え方と、女性らしい考え方は相反するものらしく、基本的に両立ができません。
男性らしい考えを持っているときは女性らしい考えを否定し、逆に女性らしい考えになっているときは男性の考えを否定する、こんな感じでした。 

また、記憶も両立することができません。
男性っぽい考えを持って暮らしていたときの記憶は、男性の方の脳にしか記憶されず、女性っぽいとき考えを持って暮らしていたときの記憶は女性の方の脳にしか記憶できないようです。

そのため男性と女性それぞれ別の人格を持った人間2人が自分の中で同居しているような状態になります。

長らく、解離性障害を疑っていたのですが、、自分に精神疾患はとくに見られず、これは脳みその仕様なのだな・・・という結論に達しました。

犯人はコイツです、キンタマです。

話はもどりまして、トランスジェンダーは何故自我を持つのが難しいかという話。結論から申し上げますと、「キンタマ」のせいです・・・。

身体が女性の私も、体内で男性ホルモンを作ることはできるんですが、男性ホルモンの主たる製造場所である睾丸がないため、通常の男性の5分の1程度の男性ホルモンしか作れません。

さきほどホルモンの量で男性らしく性格になる云々と言いましたが、私の場合、男性ホルモンが足りないせいで、男性の考えの方に振り切ることが難しいのです。
※MTF(身体が男性、心が女性)の方の場合、逆に、キンタマがあるため男性ホルモンが出すぎて悩まれている方も多いです。

先に挙げた「自分が女性か男性か分からないで苦しんでいる」方の場合も、己の意思とかそういう問題じゃなくて、身体と脳みその仕様のせいなのではないかなー・・・と思います。

 私は脳みそが男性ながらも、恋愛対象が男性なので尚更です。
脳みそが女性の見方をしたり男性の見方になったり、耐えず切り替わっています。(この話はまた詳しくは次の機会に。)

これが原因で、10代の頃はなんだかよく分からない存在である自分を、好きになることは出来ませんでした。

それから10年、特に生活で不自由したことがないというか慣れてしまったというか、もうこれは仕様・・・・・。それを含めて自分だと思うことで、だいぶ自我が安定しました。

既存の概念にとらわれず自分はそういうものだというのを素直に受け入れる

生まれながらに人と当てはまらない存在であることを認め、これでいいと思うこと。それが私の自我がちゃんと地に足をつけられるようになったきっかけです。 

FT/MX@横浜と、20代トランスジェンダーの就活事情

トランスジェンダー就職

FT/MXとは?

自分の性別に何らかの違和感を感じている女性など、自分はFTM/FTXかもと感じている人たちが集まるMTGです。

毎月1回、横浜で開催されています。身の回りに相談できる人がいないという人におすすめです。

FT/MX~性別になんらかの違和感を抱えてる人達が集まる場所~

トランスジェンダーFTM/X)の就職事情

MTGで話されたことをネットなどで紹介することはNGなので、ネットなどで公表してもOKな方のお話と、MTGに参加した全体の感想のみにまとめさせて頂きます。

20代のトランスジェンダー就職はまだ暗中模索な状態

今回はこれから就職するという世代の参加者さんが多かったのですが、どういうスタイルで就職に臨んだらいいのか悩んでいるというFTMやFTXの多いという印象を受けました。

以下、私が課題だなと感じたトランスジェンダーの就職が難しい理由です。

理由その1:自分のスタイルを確立するのが、普通の人たちより難しいから

自分のスタイルが確立しづいというトランスジェンダーがなぜ多いのかというと、理由はこれしかありません。自分という人間のモデルケースがないからです。

最近は、セクシャルマイノリティの方がどうやって企業に就職したかなどのインタビュー記事(ロールモデル | LGBT就活)がネットで気軽に見られるようになりましたが、まだまだ学校での理解や支援は特段なく、自分はどういう人間かを自分で見出すのに苦労をしている人が多いように感じています。

理由その2:企業にトランスジェンダーということをどう伝えたらいいのかがイメージできないから

そもそも企業に伝えるべきなのかどうか判断が難しく、周りに迷惑をかたくないという理由で、我慢してしまうケースが多いような印象を受けました。LGBTフレンドリーをうたう企業が増えても実際のところはまだまだ、自分の思う性別で働けないと考える学生も多いようです。

課題への対処法を考える

理由1の自分のスタイルを確立するのが難しい問題の対処法

早め早めに、したたかに行動する。

実際にトランスジェンダーで就職された方の就職の記事を読んでみると、早め早めに行動をし、就職活動の時までになりたい自分の姿になっているという方が多いなと感じました。

また、あまり自分の性別について悩んでおらず、自分はこういう人間だというのがしっかりとしている方が多いようです。

孤立することなく、普通のトランスジェンダーではない方とうまくやっていくスキルをある程度身につけている。そんな印象を持ちました。

就職活動を始める前から、FTM・MXのようなミーティングに参加し、他のFTMの方などがどうしているかを参考にするのがいいかなと思います。

理由2の企業にトランスジェンダーであるということをどう伝えたらいいのかがイメージできない問題の対処法

もう隠すのをしなくてもいいタイミングなのでは

まだまだ「隠す」方がいいのかなと考える学生が多いようですが、今やこれだけ頻繁にLGBT関連のニュースが取り上げられており、もう隠す必要はないタイミングに来ているのかな私は感じています。

変に隠さず、正直にトランスジェンダーであるということを伝えていいと思います。

受け入れられない企業はすっぱり諦めるものだと思っておくとだいぶ気が楽。

どんなに説明しても理解ができない、受け入れられない企業があるのも現実です。それはお互いの価値観の違いであり、無理に一緒にいてもお互いが苦痛なだけだと思います。

まとめ

孤立しないのが一番重要。ネットで十分に情報収集をする、セクシャルマイノリティに限らず人にたくさん会う。

私が新卒で就職活動をしていた5年前はまったくありませんでしたが、今参考になる情報がたくさんあります。当事者の方が不利にならない就職活動ができることを心から祈っています。

トランスジェンダーとLGBT就職情報おすすめサイトまとめ