トランスジェンダーですが毎日が楽しい(^^)

トランスジェンダーですがあんまり生きるのに困ってない人のブログ

左右盲の原因と治し方をお話します

 この記事は、生まれつき「左利き」の人間が右利きに矯正されたため「左右盲」になった人間が、その原因と治し方をまとめたものです。

「左右盲」が起きていた原因とその治し方理解した今は、右と左を瞬時に判断できるようになったお陰で車の運転もできるようになりました。また、利き手を矯正されたためと思われる抑圧感もなくなり、以前よりずっと生きやすくなっています。

※今回紹介するのは主に、利き手の矯正で左右盲になっている場合のお話です。

左右盲ってなに?

右と左が瞬時に判断できない。また右と左を判断するまでに時間がかかる。右を見ろ!と言われ左を見てしまうなど、“咄嗟に判断した時に”見事に右左が逆になっている・・・のような状態を指します。

利き手を矯正されて左右盲になったという人は多いようで、私自身も左利きから右利きに矯正されている人間です。決して「右と左の概念が分からない」ではないですね。

また、左右盲にもさまざまなタイプがあり、「生まれつき左右の感覚が乏しく、左右盲である」ということもあるようです。

左右盲はこうやって起こるんじゃないかの原因にきづいたきっかけ

どうも「左利きの人間が右利きに矯正されるとそうなりやすい」というのがものすごーーーーーーく大事なポイント。左右盲には「利き手」というのが関係しているらしい。
その前に、右利き左利きの話を軽くしておきます。

どうして生まれつき右利きと左利きの人間がいるの?

生まれつき右利きで生まれる人間が90%、左利きで生まれる10%くらいらしいのです。この数値はとても興味深いですね。どうして全部同じになってないんでしょうか。

これは生き物の種としてのニンゲンが絶滅しないように、わざわざこの割合になっているんだと私は考えています。どうも種というのは全部一緒ではなくイレギュラーなものを一定の割合で入れておいたほうが淘汰されにくいんでしょーね・・・。

左右盲が起こる原因ってなに?

さて話は戻って、左右盲の原因の話。

「利き手を矯正された人が左右盲になる」というのがポイントで、生まれつき右利きの人や、生まれつき左利きだが、右利きに矯正されなかった人は通常、左右盲になりません。

どうやら右か左かは、頭で考えるものではなく、身体の感覚が覚えているものらしい

まず「右か、左かというのは頭で考えて判断するのでなく、身体の感覚で判断している」ものだと考えられます。人間が、頭で考える間もなく瞬時に右か左かを判断できる理由はそれですね。また、どうして瞬時に右左が判断できるのかというと、人間の「利き手」に助けられているからのようです。
生まれつき右利きの人間は、右って言われれば「自分の中の『右の感覚』を基準に」右を判断します。左利きの人もしかり「自分の中の『左の感覚』を基準に」判断をします。

さて一方の「利き手を矯正された左右盲になっている人」はどうかというと・・・・・
本来、左利きの人間が右利きに矯正されているならば「後天的に」右というのを教え込まれているはずです。「箸を使う方の手が右でしょ」というのはこれの最も典型的な例で、これのせいで矯正された本人は「右か左かは頭で判断するもの」だって思ってしまうのです。でもこれ違いますよね・・?上でお話したとおり、利き手を矯正されていない人にとっては。

しかしながら不幸にも、利き手を矯正されてしまった人間は、利き手を矯正されていない人が使ってる「身体の感覚で右左の判定をする方法」が使えないのです。

つ・ま・り、

右か左かを「身体の感覚で判断するか」、「頭で1秒考えて判断するか」。利き手を矯正されていない人と、利き手を矯正されている人とでは「右と左の判断方法が全く違う」んです。

左右盲が起こる原因を詳しく説明してみると・・・

まず、そもそも左右盲が起きている原因は何かというと、
「身体の感覚での右左」と、「頭の考えた右と左」が、コンフリクト(衝突)してるからじゃないかと思われます。上で述べた左右の判断方法が2種類あり、その方法が全然違うせいで起こってるのです。

もう少し詳しく言うと、利き手を矯正された人間の「生まれつきの利き手」と「後天的に教え込まれた利き手」が逆になってるから起こります。
そこで私の、本来は左利きの人間が、右利きに矯正された例を挙げて説明しましょう。

こうして左右盲は起きている

私は左利きなので「利き手は左に位置するもの」が本来「正」とするのが本来あるべき状態なのですが、しか~~し!後天的に「利き手は右に位置するもの」とされると、図の2つ目のような状態が起こります。

※わかりづらくてごめんなさい・・・あとでちゃんと図に起こしたい・・。

【図の見方…正面から見て、左手・頭・右手とお考え下さい。が矯正される前の本来の利き手だよ。】

■本来あるべき状態

(^o^)右

■利き手を矯正されると感覚的な理解はこうなってしまう。

(^o^)

「自分の利き手は右手のはずだから、利き手は右の位置にあるはずなんだよね・・・?アレッ!!???」そう、後天的に頭で教え込まれた自分の利き手は「右」という理解が、見事に利き手の位置をコンバートしてくれちゃうのです・・・・。

そう、左右盲というのは、本来の利き手と、後天的に教えれた利き手との、位置の不一致で起きるものではなかろうかと思われるのです。

どうして左右盲の人は瞬時に右左が判断できなくなるのか

右利きに矯正された人間が、頭で一秒考えれば右と左は分かるのに、右を見ろと言われ、咄嗟に左を見てしまう。それは何故か???

それは多分、後から頭に教え込まれた右左よりも、生まれつきの感覚の右左の方が強いんでしょうね。。そのため頭で考えた右左の情報が、生まれつきの感覚の右左の方に「上書き」されてしまうのです。また、それと同時に上で述べたコンバート現象が起こり、判断に混乱をきたすと考えられます。

左右盲の治し方

長くなってきたので、簡潔にいきましょう。左右盲になってる人がどうやったら瞬時に右左が判断できるようになるのか。

もう0.2秒で分かりますよね。頭で右左を判断をするのをやめて、本来の利き手の感覚での右左の判断に直せばいいのです。

治し方のフローの例

左右盲を直すには、本来の利き手はどっちなのかを自分自身が理解することが最も重要なポイントです。
左利きが右手に矯正された人の場合は、「自分は本当は左利き」というのを自分に、強く認識させます。その時「左の方が主であり、右は副」みたいな感覚がいいと思います。

そうしていくと、本来の自分の利き手が「左」であり、それが「左に位置している」というのが一致します。この「一致させる」というのがキモ。ねじくれているのを正しい状態に戻すっていう動作をここではやっているのです。

私の場合はもう、「自分は本当は左利きなんだな」って気づいたときから左右盲が直り、少なくとも右左を逆に見てしまうということはなくなりました。
早い・・・・。どうも、普通にしていても左手のほうが右手より存在感があるので、それに引きづられて徐々に直っていきました。今ではすっかり左手を使う機会が増えました。

人によっては訓練する必要があるかもしれません。とにかく、本来の利き手の位置を身体に思い出させる、染み込ませるというのがポイントです。

左右盲がうまく治らない例も考えられます

生まれつき「右と左の感覚が薄い」って人は治らない可能性があります。

また、「右利き」、「左利き」以外にも「両利き」という人が僅かながらいらっしゃいます。両利きの人の割合は1%とも言われています。

左右の感覚が薄い以上、身体の感覚で左右を思い出させるという方法が使えないので、、すいませんが上で紹介した方法はおそらく使えないです・・。 

余談1:なんで左右盲に気づいたの?

別に瞬時に右と左が判断できなくても生きてて困ることはなかったんですが、1つだけ致命的に困る事態に遭遇しました。20歳くらいかな。なんだか分かりますよね・・・。

車がな・・・・・車が運転できないんだよ・・・・。\(^o^)/

右と左を瞬時に判断しないと困ったことになると言ったら、やっぱり車の運転なんですよ。せっかく免許取ったのに、、、これをなんとかせねばァッ!!!と思ったときに、左右の感覚が逆になっているというのに気づき、その原因はなんなのか考え出したことがきっかけです。走る凶器にならなくて本当によかった。

余談2:左利きの人間は早死だから、右利きに矯正した方がいいと思って矯正した。by母

やっぱり右利きのものばかりでできている世の中では、左利きは不自由なことが多いです。右の方に矯正してくれた母には感謝しています。しかし、、、

左利きの人間が早死なのは、右利きの世の中が生きづらいからではないと思いますよ。おそらく、左利きに生まれた時点でもう早死になんです。\(^o^)/

左利きの人間は、なんか右利きの人とは感性や考え方違うって感じることが多いですね。そのためストレスを感じやすい人は多いと思います。まー、なんとなくだけど・・・・。統計的に見て、左利きのほうが寿命が短いというのは事実ですが、もちろん左利きで長生きな人もいます!

以上、利き手を矯正されて困っている方に少しでも届きますように。

去年1年間、しんどかったことで打線を組もう

親に話しても理解してもらえない

15年の間ずっと苦しんでいた理由が分かった。高校に行かれなかった理由がわかった。

でも、すごい怒られた。以上\(^o^)/

父親は、本当のことを知ってすごく安心していた。

母親は、ものすごく怒っていた(身体の性別が絶対!あと同性愛と勘違いされた)

父親が分かってくれただけでもありがたいかな。

途中で気づいても仕事やめられない

いや、、、15歳のときに性別の違和感感じてからずっと我慢してここまで来てしまったんだなって。あれから15年も経ってもう30歳だよ・・・。長かったんスけど・・・・。

なんかいろいろ気持ちの整理しないといけなさそうな予感・・・だけど社会人だからそう簡単に仕事やめられない・・・・・。

私は仕事のウエイト減らして、働きながら気持ちの整理をする方向にしました。

私の年代のトランスジェンダーだと、社会人になってから「途中で気づく」って人があんまりいないような気がします。「いくらなんでも気づく」人のが多いです・・・・。

どうしてもっと早く気づかなかったんでしょーか・・は、よく思います。我慢に我慢を重ねて本当の自分が見えなくなってたのもあり、興味の対象がいつも自分の外にあるモノだったお陰で気づかなかったというか。自分と向き合った時間より、パソコンと向き合ってた時間のが長かった人生だからしゃーない・・・・・・・\(^o^)/

体型が急に変わったので服を全部買い直し

「あ、なんだ身体は女性で、頭が男性の人っているんだ・・・」って気づいたときから、男性ホルモンの量が増えました。本来の男性の自分を抑えてたのをやめたせいだと思います。女性の枠に収まるのは無茶苦茶頑張りましたからね。自分に「出来ないこと」があっちゃいけないんだと思ってたので\(^o^)/

ギリギリ20代だったので骨の成長はまだ止まってないらしく、骨格が変わりました。

肋骨と、腰骨のあたりが一回り外側にきてましたね。太ったわけでもないのにシャツやズボンは入りません。もちろん男性ホルモン打ってないです。

仕事着は全部買い直しました。必要経費は数万円でした。

マルイはトランスジェンダーにもやさしいってだけあって、途中で体型が男性化した人にもぴったりの服ありました。。。。スゲエ・・・。マルイ行こうぜ・・・・・。

え、今から就職差別されるのか・・・・(困惑)

会社によります。気にしないってところと、ダメってところがハッキリ分かれる。

私は今まで女性として働いていたが、当然本来の自分とは違う姿だから、パフォーマンスは出しにくかった。それがLGBTとか世間で騒がれだしたのもあって、自分が頭と身体が一致していない人間だったと気づいた。

ああ、一致してないからパフォーマンス出せなかったんだというのに気づいたし、気づいたお陰で出来るようになったこと一気に増えた。(主に対人スキル)

で、「一致していないんですよ」いうのってのを話すと、フツーに就職不利になるんだが。

それにはいろんな背景がある。

人間には男性と女性しかいないって信じてるひともいるだろーし。イレギュラーな人間慣れしてないところではどうしようもない。

生まれつき頭と身体が一致しないっていうと、「女性」ではないから女性の中に入るのはダメとか言われるともう本当にどうしようもなくて。

 

こいつは日本人じゃなくて中国人だから犯罪を犯すんじゃないかって言われるのと一緒なんですよね。 

去年1年間どうしようか、散々考えた。

本来の頭は男の方であっても、女性としてしか社会人経験がない。

恋愛対象は男性で、生まれつきのオカマちゃんだから、男性になるのもハードルが高い。もう、しれっと何も言わずに女子として就職しちまえばいいんじゃないか。ということで落ち着いた。

 

単純にシツレーだなって対応する会社慣れは必須だし、どんなことがあっても、あんまり気にしないほうがいいなと思った。

私は、自分がどんな存在であっても、自分一人でも生きていけるように仕事をするし、誰かを幸せにするために仕事をするし、一緒に仕事をする仲間や会社のために仕事をしています。それをする上で障害になるものは本来なんもないんだなと思っています。

 

※他にも思い出しつつ書いていきます。

LGBTERさんのインタビューを受けて

先日、LGBTERさんにインタビューを受けて、お話したことをいろいろ思い出しつつ書いてます。記事が公開されるのが楽しみです。😊

こんな見た目でも一応FTMの仲間なんですが・・・・

自分は男性らしくないし、女性の格好が出来るからFTMじゃないのではないか。しかし、実際に男性として生活されているFTMの方にお会いしてから、自分もFTMなんだなと確信が持てるようになりました。

ただしFTMでも、「男性として生きる道を選ばなかったFTM」なんだなという認識です。もっと自分が若い頃に、「男性で生きて良い」という許しが与えられていたなら、きっとお会いしたFTMの方と同じような人生を歩んでいたかもなという感じです。同じ宿命で生まれた人間のパターンA、パターンBみたいな感じですね。

FTMで男性として生きるとなると、親と絶縁ってこともありえます。私はそれを選ばず、自分が我慢するという方を選びました。何が最善かは人それぞれだと思います。

赤いランドセルが嫌ではなかった理由

FTMトランスジェンダーの方は幼少期から性別に違和感を感じている人が多いですね。赤いランドセルが嫌がその典型的な例です。

しかし自分は赤いランドセル嫌ではありませんでしたし、自分の色が赤だと思っていましたし。数的には多くないですが、FTM(FTX)の方の中には、女の子のものが好きって方もいらっしゃいます。もともと赤や可愛いものが好き!な人や、「赤を女の子の色」って捉えていない人は、自分が赤いランドセルであってもそんなに嫌悪感を感じません。

ちなみに自分は恋愛対象も男性の方なので、なおさら嫌悪感は感じづらかったです。小学3年生くらいまでは完全に女の子でした。

今だから気づいていますが、それホントの女の子じゃなかったんだなーと。女の子の格好が好きなおとなしい男の子や・・・。(でも、そんなヤツが女の子の集団の中に紛れてても周りも本人も分かんねーよな、身体は女の子だし・・・)

生まれて最初に与えられたものが「女の子」で、それを素直に受け止めていただけですね。しかし身体や心が成長し、自分で自分のことを決められる年齢になってくると、はっきりとした違和感に変わっていきます。

思春期が近づくと違和感が増してきてヤバイ

身体が女性の私も、思春期になると、脳は本来の性別の方(男)に寄っていきます。

周りの同級生たちも、それぞれ男らしく、女らしく男女の差がハッキリと出てくる頃。自分は女の子のはずだったんだけど、なんかオカシイなーと感じていました。

中学2~3年の頃からですね。なんだか一気に自分の存在が不安定になった気がします。そのことを気にする暇もなく、高校受験というイベントの時期と重なってしまったため、この違和感をやり過ごすハメになりました。ここから長きに渡る苦悩の時期が始まります・・・。

性別の違和感が出るのが遅かったせいで、受験の時期と重なってしまった、というのは今から考えてもかなりキツかったですね・・・・。

それと一度、本来の性別の方(男)が目覚めてしまうと、もう女の子の方には戻れない・・・・・。これを感じた時はなんだかショックな気持ちになったような・・・・。ハイ。

男性でも女性でも関係なく評価されることで押し切れ!

昔から自分は何かというと、「みんなが評価してくれるものが自分だ」という認識でした。自分が自分のことがよくわからないし、周りにも本当の自分を知る人はいない。けど、周りの人が「こいつは男か女か」は関係なく、評価してくれる人は評価してくれる。それは昔も今も変わらないなと思います。

自分に出来る自分の得意なことを伸ばして生きていこう。それが、普通の世の中で、普通で生まれなかった人間の生きる道だとワタシは感じています。

なるべく普通の人と同じことしないように、埋没しないように気をつけています。だって普通の人には勝てないですからね。

今の自分はなんだろう

今の自分は赤いランドセルが嫌じゃなかった小学1~2年生くらいの時期に似ています。それが一番やりやすい自分であり、なりたい自分の姿かなと思います。

男っぽい格好をした時期や、女性っぽい格好した時期もありました。

男性の格好は、男性が恋愛対象の自分がするのはおかしいという気持ちがずっとありました。また女性の格好は「女性に間違われる」のが嫌で抵抗がありました。

女の子のような格好をした男(厳密には男ではないですね)。ひとまずそれが自分なんだろうなと思う。世間の型にもFTMの方にも当てはまらない。それでも「居ちゃいけない」なんてことは誰にも言えないと、自分の中で確信が持てるようになりました。

 

その他考えたこと

その他インタビューを受けて考えたことや突っ込まれたことなどを改めて整理します・・・

どうしてFTMなのに恋愛対象が女性じゃないの?

それはワタシが男の方が好きだからです😊

自分が女の子だと思ってた時期に男の子が好きだったものですから、それが今もずっと続いているような感じです。やはり子供のときに経験したものというのは、その後の人生に大きく影響し、そう簡単に変えられるものでもないんだと思います。

ただ頭の方にはもともと女性が好きになるようにインプットされているんだなというのを自覚しているので、自身はバイセクシャルという風にお話してます。

自分の身体に嫌悪感がなかったの?

FTMあるあるなのに、「思春期以降、自分の身体に嫌悪感なかった」って言ったら、えっ?感じになったのですが・・・・。これがなかったんですよね。

思春期以降は、身体つきが男っぽくなったんですよね。ほっそい男!みたいな感じで。嫌悪感どころか、むしろなりたい自分の姿に近づいたような感じです。今もほっそい自分に満足してます😊

FTMなのに髪の毛短くない

自分でもコレ、なんでだろう・・・と思いました。

私の場合、恋愛対象が男性というところが大きな理由になっていると思います。

思春期のころ性別の違和感がとても強かった頃は、自然と髪を短くしていました。なので髪の毛が短い自分が本来の姿に近いな、という認識はありますが、どうにも昔から「この姿を男性には見られたくない」という気持ちがあります。

ショートヘアは自分自身もそんなに好きではないというのと、髪が長いほうがより自分っぽいというのがあるみたいです。世の中には髪の毛が長い女性も、男性も居ます。自分は後者のつもりでやっています。

FTMではなくMTFの方によく間違われるんだが・・・・

紛らわしくて本当にスマソ、、、やっぱりFTMというとみんな男性の格好しているものだと思ってるから、みなさん結構「アレ、この人なんだっけ?」ってなる。女性の格好している男の方だけど何か・・・・・??

初めてお会いした方に「自分は子供の時は女の子ぽくて、思春期は男ぽくて、今はあんまり男ぽくなくなっちゃった」って話したら一周して女の格好なんですね!と言ってくれた人が居たのは本当に嬉しかった、というかそれです。

本当は男性の方になりたいんじゃないの?

うーん、10年前だったらまだその線は濃かった。しかし30歳を目前に男性ホルモンが低下した今となっては、あんまり違和感がないというか、女性の方に慣れてしまったというか、もうどっちでもいいというか・・・・。

社会人になり5年間は女性として就業していたし、今から男性になるというのが現実的ではないし、そうなっている自分の姿が想像できないと言う感じです。または、そんなことに悩んで時間使ってるのが正直もったいないな、、というのが本音でしょうか。自分として生きられなかった15年を少しずつ取り戻したいな~~・・・って方が自分の中ではウエイトが大きいです。

あとは、見た目がこうなので、自分が本当は男性と言っても、みんな信じてくれないですしね。だったら、女性のままやり通してしまった方が何事もなくて平和だな😊と思います。

・・・・というよりか、私にとっては、自分が男性か女性かのところに自分のアイデンティティが揺らぐような要因がないのです。もっと別のところにあるような気がします。例えば、自分の作ったものにアイデンティティがあるとか、「自己」とはちょっと離れたところにアイデンティティがある、そんな感じですね。

lgbter.jp