トランスジェンダーですが毎日が楽しい(^^)

トランスジェンダーの生き方を模索するブログ

会社勤めか、ブロガーか結局どっちがいいんだよ<結論>

その1:20代、30代と、年代別に考えたほうがいい気がしている。

 そういやブログで生計立てている人って、圧倒的におっさんブロガーが多い。

イケダハヤトみたいな例外を除き、若いうちににブロガーを始めないほうがいい気がしている。

若いうちにブロガーとして生計を立ててたとしても、もう一回会社にもどることも視野にいれておいた方がいいかな。

 

ブログで生計立てるって言っても、変化激しいし、

若い人→詰む、人生経験豊富なおっさん→なかなか詰まない みたいなイメージが容易に想像できるんだよな。勢いだけじゃだめなんだ。おっさんたちの解決力の方がはるかに強い。

あと若い人が、実家でぬくぬくブロガー()もできるのかもしれないけど、稼ぎも中途半端だし、会社員やってた方がマシなのかも。

 

その2:圧倒的に地方ブロガーが多いのはなぜなんだろう。

イケダハヤトが地方に移住したのはとても正しいと思う。

東京にいると働きたくなってしまうから、もしくは都内で働いている人に引け目を感じてしまうから。

俺ワールドでブログを発信するには地方が最適だと思う。

あとは家賃が安いから一時的に収入が低くなってもなんとか耐えられるのも大きな理由の一つだろう。

それでも厳しい道だと思う。ブロガーで食ってける人なんてのは多くはない。

 

その3:会社勤めブロガーはどうだろう

都内に多いですね。

生計を立てるには中途半端だけども、会社勤めでの収入があるから自分のブログで比較的好きなように情報を発信できるのがよいというイメージがあります。

けっきょく、私も会社勤めブロガーを選びました。(ブロガーってほどでもないがな)

 

会社勤めブロガーが成り立つ環境

1.激務じゃない会社に勤めている。

2.一定の安定した収入がある。

3.会社が世の中の変化にそれほど左右されない。

 

とかなんじゃないかなー。

仕事人とか出世に忙しいひとはブログなんて書かないでしょう。

 

参考になるブロガーさん

jmatsuzaki.com

goryugo.com

ushigyu.net

まだ東京で消耗してるの?

 

ちなみにイケダハヤトは私の1つ上なのだ。狂人ではあるが、ゆとりとか馬鹿にされてるので、同年代でこういう人がいることをとても誇りに思ってます。

おわり。

 

--------------------------------

自分、コレ書いた時、ケッコー真面目に会社辞めてブロガーにでもなろうかと思ってて。(笑)あーでもすぐ無理だな-って思いました。

イケハヤすごいよねー。好きだぜ-、頭のなか似てそう・・・。