トランスジェンダーですが毎日が楽しい♪

トランスジェンダーですがあんまり生きるのに困ってない人のブログ

東京の人はきっと耐えられない田舎の過干渉。

田舎と言っても、山奥の田舎ではなく、都心から1時間くらいの田舎です。

埼玉南部に引っ越して1年。生活に便利、家賃安い。

ただ、家主さんとの価値観の違いから、このままずっといるのは難しいかもと考えだしたところ・・。

 

家主さん 、基本的には非常に面倒見が良くていい人だが、ちょっと行き過ぎたところもあるのかもしれない。

なにか居住者に問題があると、手書きの注意文をポストに入れてくれる。

これまでに2回もらった。

1回めはゴミを捨てる日を間違って注意を受けたこと。これは翌日に謝りに行った。

 

それから半年以上経って2回め。

最近梅雨で雨が多い。

家に帰ってきて、家のドア近くの窓に使った傘を掛けて乾かしていたのだが、これがダメだとのこと。

理由としては、傘の汚れや、傘の色落ちしたものが、壁に付着するからダメとのこと。

(お隣の家も同じことをやっていたので、おそらく注意文を受け取っていると思われる・・)

 

そしたらどこに傘干したらいいんだよ・・。それどころか、家の外に傘干せないのかこのアパート・・・・ 。

壁に汚れがついちゃうのは確かにそうかもしれないのだけど、自分の生活にルールに干渉されたような気持ちがずっと残った。

10年前、埼玉の実家ぐらしの時も玄関ドアの隣の出っ張りに、濡れた傘を掛けたのがうちのルールだったなあ。

 

指摘した内容云々ではなく、手紙という方法以外にも伝え方はあると思うし、普段東京にいるときの「常識」のようなものとすごく差がある。

 

今回の件でいろいろ考えました。

やっぱり人の家を借りてる以上、どうしてもこういうことあるよな。

あと数年住んだら引っ越そう・・。ここにずっと居てはダメだ・・・

それまでは、お互いがそんなに神経質にならずやってけたらいいのかなーって思う・・・。

 

平日は仕事のためほぼ家におらず、生活スタイル上、家主さんとあんまり顔を合わせる機会がない。

うちのアパートではお隣を除き、たいていみんな家にいるようだ。

私のような生活スタイルは、ここの田舎では少数派なんです・・・。まだまだやりづらいところはある。

日々、もう少しだけ、家主さんと話をする機会を増やしたいなあ。

 

--------------------------------------------

うむ、、、思ったことを素直に書く、スタイルのブログでしたな。