トランスジェンダーですが毎日が楽しい(^^)

トランスジェンダーの生き方を模索するブログ

心は男性。28年間気づかなかった理由をまとめてみる

時系列順に書いてきます。

 

子供時代を女の子として過ごしてたため

2つ上の姉が居て、幼少期は女の子として育ったし、10歳位までは自分のことを女の子だと思っていました。

 

男の心ながらも、恋愛対象が男性だったため

女性を見て可愛いと思うことはありますが、子供の時に女の子として育った影響か、恋愛対象は子供の頃から男性でした。

女性の身体で男性が好きという気持ちは、一般の女性とさほど変わらないと思います。

ただ、完全に男性という方に、完全に女性として見られることには、ずっと嫌悪感や違和感があります。

 

自分の生き方を自分で決められなかったため

親の影響がかなり大きかったです。

やりたい部活を自分で選ぶとかも自由にできませんでした。

自閉症なのに、頭のいい子と親に勘違いされ、過剰に期待されました。やっぱりおかしなことになりました。

親の言うことが絶対という思いが25歳くらいまでありました。

そのため、自分の意思で、自分のやりたいことを決めるということが極端に出来ませんでした。

 

自分の存在に自信をなくす決定的な出来事あったため

高校受験で、無理に親の要望に応えようとして精神的に参ってしまった時期がありました。2002年ごろの話。

今年が2016年なので、以後14年間、自分の生き方に自信が持てませんでした。

もういい年だし、自分はこうしたいという気持ちが湧いてきたら、心の性別が元に戻ってしまった、、そんな具合です。